この1年で61%の企業がマルウェア感染を経験--グローバルレポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

この1年で61%の企業がマルウェア感染を経験--グローバルレポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は7月25日、ロシアKasperskyが7月7日に公開したリリースの抄訳として、同社がビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B Internationalと共同で実施した、「グローバル IT セキュリティリスク(Global IT Security

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は7月25日、ロシアKasperskyが7月7日に公開したリリースの抄訳として、同社がビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B Internationalと共同で実施した、「グローバル IT セキュリティリスク(Global IT Security Risks)」に関する調査結果の第2弾を発表した。本調査は5月16日から27日まで実施されたもので、11か国から1,300人以上のITプロフェッショナルが参加している。

調査結果によると、ビジネス上で最もよく見られた脅威はマルウェアによる感染で、61%の企業が直近12か月間にマルウェアによる感染を経験していた。企業を狙ったサイバー攻撃の上位には、このほかスパム、フィッシング、ネットワーク不正侵入、DoS攻撃が入っている。また9%の企業が1回以上、ターゲット攻撃を含むITセキュリティ関連のトラブルを経験したと回答した。中でも最も注意すべき調査結果は、全体の約3分の1にあたる企業が「サイバー犯罪者に狙われている」と感じていることとしている。さらに、マルウェアによる攻撃の31%が結果としてデータの損失を招き、調査に参加した企業の10%が重要な業務データを損失したと回答している。業務全体をカバーするアンチマルウェア製品を導入している企業は全体の70%に留まり、3%の企業は何の保護対策も行っていないことも明らかになった。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582732
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×