スマートフォンWebブラウザにおいて3種類の脆弱性を発見(FFR) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

スマートフォンWebブラウザにおいて3種類の脆弱性を発見(FFR)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は7月21日、スマートフォンWebブラウザにおいて3種類の脆弱性を発見したと発表した。これらの脆弱性は、同社のリサーチチームが発見したもの。3種類の脆弱性はすべて、特定のWebページを閲覧することでブラウザがクラッシュする可能性があるというもの。ただし、深刻度はすべて「低」としている。

同社では、情報処理推進機構(IPA)への届出および製品開発ベンダへの連絡を済ませており、今後はIPAの「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイド」に従って処理される。
(吉澤亨史)

http://www.fourteenforty.jp/research/advisory.cgi?FFRUA-20110721-1
http://www.fourteenforty.jp/research/advisory.cgi?FFRUA-20110721-2
http://www.fourteenforty.jp/research/advisory.cgi?FFRUA-20110721-3
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×