ユーザを脅迫する新手法やゲームユーザを狙うフィッシング--スパムレポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

ユーザを脅迫する新手法やゲームユーザを狙うフィッシング--スパムレポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は7月1日、ロシアKasperskyが6月21日に公開したリリースの抄訳として、2011年5月度の「スパムレポート」を発表した。レポートによると、メールトラフィックにおけるスパムの割合は4月から2.1ポイント増加して月平均82.9%

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は7月1日、ロシアKasperskyが6月21日に公開したリリースの抄訳として、2011年5月度の「スパムレポート」を発表した。レポートによると、メールトラフィックにおけるスパムの割合は4月から2.1ポイント増加して月平均82.9%となった。フィッシングメールの割合に減少が見られた一方で、マルウェアを含むメールの割合が増加している。

5月は特に、オサマ・ビンラディン死亡のニュースを悪用してユーザを欺こうとするメールが急増した。この種のメールには、悪質なファイルだけでなく正規の有料ソフトウェアへのリンクも含まれていた。また、ユーザがテロリストに協力した疑いを口実に、ユーザの口座を凍結するなどと脅迫する新手のメールも確認されている。メール経由で最も拡大したマルウェアは、スパイウェア型のトロイの木馬「Trojan-Spy.HTML.Fraud.gen」であった。また5月にもっとも目を引いた変化として、フィッシングメールの4.67%が人気の無料オンラインゲーム「RuneScape」のパスワード詐取を目的とするものであったことを挙げている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582723
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×