一田和樹 「檻の中の少女」(ブックレビュー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

一田和樹 「檻の中の少女」(ブックレビュー)

調査・レポート・白書 ブックレビュー

orinonaka「檻の中の少女」一田 和樹 著 2011年4月22日 原書房刊

軽快なテンポで、一気に読めました。

情報システム屋にとっては、作中のいくつかの事例が、ネット犯罪の背景や深さをストーリ性をもって感じることができる良い教材になると思います。

セキュリティ屋にとっては、「あっ実名」とか、「あっこれは○×さんがモデルだ」と、ニヤニヤしながら読める、良い意味での内輪受け部分を面白く感じるでしょう。

一方、登場人物が色々情報を漏らしすぎるので、「こいつ怪しい」「こいつ真犯人」と特定した人物が、「あーやっぱりそうだった」となる点は、良い意味で「読者も参加できる」、悪い意味では「すぐにネタバレ」で、推理小説としての評価はやや辛口になりますね。

エピローグは映画のシノプシス調で、「これが本編だったのか」「なるほど、タイトルはここか」「主題はここなんだ」と読ませる感じが斬新でした。ただし、これは賛否両論でしょうか。

情報システム系の業務経験があり、現在は編集の仕事に就いている妻にも読んでもらったところ、

「情シス系の人には面白いかもしれないね。ただし、中途半端に知識があると、フィクションなのか、ノンフィクションなのか判別できない部分があって、かえって読みにくかった。ストーリー的には、結末がモヤッとしていて、読後スッキリしないのが残念」

という感想でした。

bookreview_fusen

ちなみに、気になった用語と、箇条書きの部分にそれぞれ色違いのフセンが貼られ、校閲後のような状態になって妻から戻ってきました(写真)。

(株式会社日立情報システムズ 本川 祐治)


本川 祐治(もとかわ ゆうじ)
株式会社日立情報システムズ ネットワークインテグレーション本部 主管技師長
1985年入社。メインフレームの運用管理やインターネット関連システムの構築、SOC運用を経て、情報セキュリティ関連調査研究の取りまとめを行う一方、情報セキュリティ緊急即応部隊「SHIELD110」リーダー

Blackhat Japan コーディネータ
IAJapan セキュリティ研究部会副部会長
ISACA教育委員会

セキュリティ・インシデント緊急対応サービス「SHIELD110」
http://www.hitachijoho.com/solution/shield/consulting/110.html



「檻の中の少女」一田和樹著/原書房刊
http://www.amazon.co.jp/gp/product/456204697X
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×