「Share」を通じてゲームソフトや漫画を公開していた自衛官男性を逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

「Share」を通じてゲームソフトや漫画を公開していた自衛官男性を逮捕(ACCS)

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は6月23日、島根県警生活環境課と松江署が6月22日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてPC用ゲームソフトおよび漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、鳥取県境港市の自衛官男性(29歳)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は6月23日、島根県警生活環境課と松江署が6月22日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてPC用ゲームソフトおよび漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、鳥取県境港市の自衛官男性(29歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕したことを、著作権侵害事件として発表した。警察の調べによると、Shareでアップロードしていたファイルはゲームソフト、わいせつ画像、映画、アニメ動画、漫画作品に及んでいた。

この男性は2010年3月3日頃、株式会社スクウェア・エニックスが出版する漫画作品「ぱにぽに第10巻」を、また同日、株式会社コーエーテクモゲームスが著作権を有するPC用ゲームソフト「真・三國無双4 Special」を、同年9月10日、同社が著作権を有するPC用ゲームソフト「信長の野望 天道」を、ファイル共有ソフト「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。男性は警察の調べに対し「ダウンロードの速度を安定させたかったのでアップロードしていた」などと供述している。また男性は、Shareを通じて児童ポルノ情報をアップロードしていた児童ポルノ公然陳列目的所持の容疑で5月30日に現行犯逮捕され、6月21日に児童ポルノ公然陳列並びにわいせつ図画公然陳列の罪で起訴されている。
(吉澤亨史)

http://www2.accsjp.or.jp/criminal/2011/1044.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×