ユーザはなぜ「愚行」に走るのか?なども掲載--マルウェアランキング(キヤノンITS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

ユーザはなぜ「愚行」に走るのか?なども掲載--マルウェアランキング(キヤノンITS)

脆弱性と脅威 脅威動向

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)株式会社は6月14日、2011年5月の「月間マルウェアランキング」を発表した。本レポートはESETが開発したマルウェアレポーティング・追跡システム「ThreatSense.Net」によるマルウェアランキングと、ITセキュリティアナリストによる解説をまとめたもの。特集では「今、改めて問われるユーザの意識」として、海賊版をインストールするためにセキュリティ対策ソフトを無効にするなどの「愚行」について、また公共のPCでログインが必要なサービスを利用する際の危険性についてまとめている。

またレポートでは、Facebookアカウントのより適切で安全な管理方法、サンディエゴでサイバーセキュリティに関するシンポジウムが開催されたこと、パスワードのリセットへの適切な対処方法などが掲載されている。2011年5月のマルウェアランキングでは、1位が「INF/Autorun(6.58%)」、2位が「Win32/Conficker(3.61%)」、3位が「Win32/PSW.OnLineGames(1.92%)」、4位が「Win32/Sality(1.88%)」、5位が「HTML/StartPage.NAE(1.78%)」と、1位から4位は前月から変化がなかった。
(吉澤亨史)

http://canon-its.jp/product/eset/topics/malware1105.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×