Gmailユーザに中国からサイバー攻撃、米国の政府関係者などに被害(Google) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

Gmailユーザに中国からサイバー攻撃、米国の政府関係者などに被害(Google)

米Googleが6月1日(現地時間)、同社のメールサービス「Gmail」に対して中国からサイバー攻撃が行われ、数百名の個人情報が流出したとブログにおいて発表した。同社では「メールシステムへの攻撃ではなく、Gmailの安全性に問題があったわけではない」としており、この攻

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
米Googleが6月1日(現地時間)、同社のメールサービス「Gmail」に対して中国からサイバー攻撃が行われ、数百名の個人情報が流出したとブログにおいて発表した。同社では「メールシステムへの攻撃ではなく、Gmailの安全性に問題があったわけではない」としており、この攻撃が不正アクセスやハッキングではなく、フィッシングやマルウェアによってユーザのPCからアカウント情報を盗み出したものとしている。

攻撃は中国・山東省の済南から行われたものとみており、盗んだパスワードを使用してメールを転送、その内容を監視していたようだ。被害者には米政府や韓国などアジア数カ国の政府関係者、中国の政治活動家、ジャーナリストが含まれているという。Googleでは、この攻撃への対策はすでに完了しており、被害者への通知も行ったとしている。
(吉澤亨史)

http://googleblog.blogspot.com/2011/06/ensuring-your-information-is-safe.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×