ビンラディンに関するフィッシング発生の可能性、米国土安全保障省が示唆(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

ビンラディンに関するフィッシング発生の可能性、米国土安全保障省が示唆(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

フィッシング対策協議会は5月6日、米国土安全保障省がウサマ・ビンラディンの話題に関するフィッシングが発生する可能性があると同省のブログ記事で注意を促していると発表した。こういった社会的に関心が寄せられる事件などが発生すると、その話題に便乗するフィッシングサイトやウイルスに感染するサイトへの誘導、メールに添付されたウイルスファイルを開かせるなどの攻撃が発生するため、十分に注意するよう推奨している。

また、推奨される対策として
・使用するソフトウェア(OSを含む)を最新に保つ
・添付ファイルなどは、開く前にウイルス対策ソフトで確認する
・添付されたファイルを自動的にダウンロードするオプションを無効にする
・メールはプレーンテキストで表示する
を挙げている。
(吉澤亨史)

http://www.antiphishing.jp/news/entry/201155reuters_1.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×