スマートフォンユーザとその個人情報を守るためのヒントを発表(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

スマートフォンユーザとその個人情報を守るためのヒントを発表(マカフィー)

脆弱性と脅威 脅威動向

マカフィー株式会社は5月9日、スマートフォンユーザに向けユーザ自身とその個人情報を守るためのヒントをブログで発表した。現在、世界中に約40億台の携帯電話があり、このうち10.8億台がスマートフォン、30.5億台がSMSに対応しているという。またスマートフォンは電話としての機能はもちろん、おもにソーシャルネットワーキングに使用されている傾向がある。外出中のゲーム、ビデオやYouTubeの視聴、写真の閲覧と共有、TwitterでのつぶやきやFacebookのアップデートが当たり前のものになってきている。

一方で、スマートフォンのセキュリティ脅威も大きな懸念点であり、紛失や盗難は日常茶飯事となっている。実際に警視庁のデータによると、2010年の携帯電話の遺失件数は過去最高の21万件超であったという。スマートフォンを紛失すると、買い換え費用以上の損害を被る状況にある。そこで同社では、スマートフォンに保存している貴重な個人情報を保護するため、今からでも実行可能な簡単な5つのヒントを紹介している。

・他人と共有しない
・適切なパスワードを使用する
・無料のWi-Fiを使用しない
・不審なメッセージは開かない
・セキュリティソフトを導入する
(吉澤亨史)

http://www.mcafee.com/japan/security/mcafee_labs/blog/content.asp?id=1211

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×