Torpigボットネットが再出現、ロシアとスーダンが主な発生源(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

Torpigボットネットが再出現、ロシアとスーダンが主な発生源(フォーティネット)

フォーティネットジャパン株式会社は4月18日、過去30日間の脅威の状況に対する調査レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集した

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社は4月18日、過去30日間の脅威の状況に対する調査レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づき、過去4週間の脅威に関する統計およびトレンドを収集・集計したもの。

レポートでは、Torpigボットネットが再出現し、新たなボットネット アクティビティの30%を占めていると報告している。また、今回検知されたTorpigボットネットのコマンドおよびコントロール発生源のほとんどは、ロシアおよびスーダンに存在するマシンからであった。これに対して、Hilotiボットネットは新たに台頭したボットネットのトラフィックのうち約15%を占め、そのトラフィックの大半はオーストラリアおよびスウェーデンで検出されたとしている。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2011/pr041811.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×