Torpigボットネットが再出現、ロシアとスーダンが主な発生源(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Torpigボットネットが再出現、ロシアとスーダンが主な発生源(フォーティネット)

脆弱性と脅威 脅威動向

フォーティネットジャパン株式会社は4月18日、過去30日間の脅威の状況に対する調査レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づき、過去4週間の脅威に関する統計およびトレンドを収集・集計したもの。

レポートでは、Torpigボットネットが再出現し、新たなボットネット アクティビティの30%を占めていると報告している。また、今回検知されたTorpigボットネットのコマンドおよびコントロール発生源のほとんどは、ロシアおよびスーダンに存在するマシンからであった。これに対して、Hilotiボットネットは新たに台頭したボットネットのトラフィックのうち約15%を占め、そのトラフィックの大半はオーストラリアおよびスウェーデンで検出されたとしている。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2011/pr041811.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×