韓国が初のトップ5入り--カスペルスキーのスパムレポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2023.03.24(金)

韓国が初のトップ5入り--カスペルスキーのスパムレポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は4月15日、2011年2月度のスパムレポートを発表した。レポートによると、メールトラフィックにおけるスパムメールの割合は前月から1.1ポイント増加し、月平均78.7%となった。スパム送信国では、全スパムトラフィックのう

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は4月15日、2011年2月度のスパムレポートを発表した。レポートによると、メールトラフィックにおけるスパムメールの割合は前月から1.1ポイント増加し、月平均78.7%となった。スパム送信国では、全スパムトラフィックのうち8.83%を送信したインドが引き続きトップとなり、2位はインドの約半分のスパムを送信したロシア、3位はブラジルがランクアップした。4位はインドネシア、5位には韓国が初のトップ5入りとなった。

8位の米国はPushdo/Cutwailボットネットの閉鎖後、大幅に減少していたが、スパムトラフィックは徐々に増えている。この傾向は2カ月から3カ月は続くとしている。2月は、全メールトラフィックの3.18%にマルウェアファイルが検知された。この数値は前月から0.43ポイント増加している。検知されたマルウェアは、メールアドレスを詐取して増殖に利用するタイプのメールワームと、おもに金融関連の個人情報を盗むことを目的としたプログラムの2種類に大きく分けられるという。レポートではまた、中国と米国当局がスパム対策のための共同文書「Fighting Spam to Build Trust」の策定を進めていることも取り上げている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582703
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×