新たなマルウェア拡散手法、Androidへの攻撃を確認--マンスリーレポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

新たなマルウェア拡散手法、Androidへの攻撃を確認--マンスリーレポート(カスペルスキー)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Kaspersky Labs Japanは3月11日、2011年2月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートによると、2月にはスクリプトダウンローダ用の部分的なデータを含むCSS(Cascading Style Sheets)の使用において、かなりの進捗がみられた。マルウェアを拡散させる新しい方法は、多くのウイルス対策ソリューションによる悪意あるスクリプトの検知をより困難にしている。この方法は、現在多くのドライブバイダウンロード攻撃で使用されているもので、サイバー犯罪者はエクスプロイトを検知されることなくユーザのマシンにダウンロードすることが可能となる。

レポートではまた、カスペルスキー製品のヒューリスティックモジュールで生成されるデータ統計によると、PDFの脆弱性を悪用したエクスプロイトが検知されたPCの台数(ユニーク数)は5万8千に及び、P2Pワームの「Palevo」を保護する悪意あるパッカーは6万7千台ものPC上で検知されている。さらに、Androidプラットフォームを狙った新たなマルウェアがいくつも発見され、モバイル上の脅威が増大していることも挙げている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582691
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×