韓国の40のWebサイトを対象としたDDoS攻撃が発生、ゾンビPCを利用(アンラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

韓国の40のWebサイトを対象としたDDoS攻撃が発生、ゾンビPCを利用(アンラボ)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社アンラボは3月4日、韓国の40のWebサイトを対象にDDoS攻撃が発生したと発表した。攻撃は3月4日10時に29のWebサイトを対象に実施されており、マルウェアの分析結果から、同日午後6時30分からは韓国の合計40のWebサイトに対する攻撃が再度発生すると予想している。なお、3月4日14時現在、日本への攻撃およびユーザへの感染は確認されていないとしている。

今回の攻撃は、2009年7月7日から9日まで韓国で23のWebサイトを狙った「7.7 DDoSサイバーテロ」と類似の攻撃。ntcm63.dll、SBUpdate.exe、ntds50.dll、watcsvc.dll、soetsvc.dll、mopxsvc.dll、SBUpdate.exeなどのマルウェアによって感染PCをゾンビ化し、DDoS攻撃に加担させている。同社では、ゾンビPCを最小化するために韓国で専用ワクチンを迅速に開発し提供を開始している。現在、6種のマルウェアの感染PC数(同社確認済み)は韓国内で6,779台。マルウェアが配布した経路は、韓国のP2Pサイト「シェアボックス」と「スーパーダウン」であることが判明している。
(吉澤亨史)

http://www.ahnlab.co.jp/company/press/news_release_view.asp?seq=5568&pageNo=1&news_gu=01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×