「goo.gl」を悪用し、急速に拡散している新種のTwitterワームを検知(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

「goo.gl」を悪用し、急速に拡散している新種のTwitterワームを検知(カスペルスキー)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Kaspersky Labs Japanは2月2日、同社のロシア本社が1月21日に、GoogleのURL短縮サービス「goo.gl」を悪用し、急速に拡散している新種のTwitterワームを検知したとするニュースリリースの抄訳を発表した。この悪質なURLをクリックすると、ユーザは複数のリダイレクトページを経由して「セキュリティシールド」という偽のアンチウイルスプログラムを配布するWebページにリダイレクトされる。

リダイレクト先のWebページにはコードの難読化技術が使用されており、JavaScriptによるRSA暗号化などが実装されている。同社のセキュリティエキスパートは、ワームを拡散させるTwitterのメッセージをすでに数千件確認しているという。感染したWebページにリダイレクトされると、疑わしいアプリケーションがPCで実行されているという警告が表示され、偽セキュリティ対策ソフトをダウンロードさせようとする。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582678
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×