セキュリティにおける2010年度の総括、2011年度の予測レポートを公開(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

セキュリティにおける2010年度の総括、2011年度の予測レポートを公開(エフセキュア)

エフセキュア株式会社は1月19日、「エフセキュア2010年度セキュリティ総括レポート」および「エフセキュア2011年度セキュリティ予測レポート」を発表した。これらのレポートは、同社のフィンランド本社が発表したレポートの抄訳。2010年度の総括レポートでは、「Wikilea

脆弱性と脅威 脅威動向
エフセキュア株式会社は1月19日、「エフセキュア2010年度セキュリティ総括レポート」および「エフセキュア2011年度セキュリティ予測レポート」を発表した。これらのレポートは、同社のフィンランド本社が発表したレポートの抄訳。2010年度の総括レポートでは、「WikileaksとDDos攻撃の容易性」「Stuxnet - ITセキュリティ史上最も重要なマルウェア」「サイバー犯罪検挙において最高の年」「未だに狙われているWindows XP」「モバイルセキュリティの進歩」をトピックとして挙げている。特にWikileaksをめぐるインターネット上での政略的な攻防は、サイバーサボタージュの脅威が証明されたとしてITセキュリティ史上に残るとしている。

2011年度の予測レポートでは、「Stuxnetの模倣犯の出現」「AndroidとジェイルブレイクiPhoneを狙うモバイルマルウェアの増加」「Facebookスパムの世界的増加」を挙げた。Stuxnetのコピーキャットが出現するのは時間の問題であり、Androidを狙ったアプリケーションやソーシャルエンジニアリングに造詣の深いスペシャリスト(個人)による攻撃は一層激化し、ジェイルブレイクiPhoneを狙う脅威は複雑化、拡大する。また、Facebookスパマーは英語以外の言語圏を狙うと予測している。
(吉澤亨史)

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2011/fs-news_20110119_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×