非常勤教員が学生の個人情報を記録した個人所有のUSBメモリを紛失(共立女子大) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

非常勤教員が学生の個人情報を記録した個人所有のUSBメモリを紛失(共立女子大)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

共立女子大学は12月24日、同大学文芸学部の非常勤教員が学生の個人情報を記録した個人所有のUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。紛失が判明したのは12月2日で、このUSBメモリには同学部設置科目(1科目)の受講生の成績等に関する個人情報が記録されていた。記録されていた個人情報の内容は教育に係るデータで、学生の成績評価等のために作成した資料に記載された氏名、学籍番号、成績等としている。
(吉澤亨史)

http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/hus/koho/201012241/3520101224161039_1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×