カスペルスキーのロシア語偽サイトを確認、偽セキュリティソフトを投下(Securelist) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

カスペルスキーのロシア語偽サイトを確認、偽セキュリティソフトを投下(Securelist)

脆弱性と脅威 脅威動向

Kaspersky Labの運営するSecurelistは1月13日(現地時間)、カスペルスキーのロシア語偽サイトを確認したと発表した。これは、サイバー犯罪者が正規サイトのドメイン名に類似したURLを使用した偽サイトを作成し、マルウェアに感染させるという手法を紹介する際に例として採り上げたもの。入力ミスしやすいURLで偽サイトを作成し、偽のセキュリティ対策ソフトをダウンロードさせようとする。

この偽サイトは本物とほぼ同一のデザインを使用しており、唯一無料ソフトのダウンロード用タブを追加している。このタブからソフトをダウンロード、インストールし再起動するとランサムウェアが起動し、サムスン製スマートフォンを格安で購入できる懸賞に当選したという偽のメッセージを表示する。さらに、スマートフォンを受け取るためには、SMSメッセージかオンライン決済システムで料金を支払う必要があると表示される。
(ScanNetSecurity)

http://www.securelist.com/en/blog/11127/Mistyping_leads_to_infections
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×