1月の定例パッチ2件を公開、WindowsやIE8に確認された脆弱性は先送り(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

1月の定例パッチ2件を公開、WindowsやIE8に確認された脆弱性は先送り(マイクロソフト)

マイクロソフト株式会社は1月12日、2011年1月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は、最大深刻度が「緊急」の「MS11-002:Microsoft Data Access Componentsの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2451910)」、および最大深刻度「重要」

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
マイクロソフト株式会社は1月12日、2011年1月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は、最大深刻度が「緊急」の「MS11-002:Microsoft Data Access Componentsの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2451910)」、および最大深刻度「重要」の「MS11-001:Windows Backup Manager の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2478935)」の2件となっている。

また、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ「安全でないライブラリのロードにより、リモートでコードが実行される(2269637)」を更新している。なお、「Graphics Rendering Engine の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2490606)」や、IE8に確認されたmshtml.dllライブラリの解放済みメモリを使用する脆弱性は、今回は修正されていない。
(吉澤亨史)

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms11-jan.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×