ブラウザのタブ機能を悪用する「Tabnabbing Attack」--月例レポート(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

ブラウザのタブ機能を悪用する「Tabnabbing Attack」--月例レポート(セキュアブレイン)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社セキュアブレインは12月24日、「セキュアブレイン gred セキュリティレポートVol.17(2010年11月分統計)」を発表した。本レポートは、同社が運用する、無料のWebセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基に「セキュアブレイン先端技術研究所」で分析を行ったもの。レポートによると、11月に「危険」と判断されたWebサイトの件数は4,603件で、再び減少傾向となっている。脅威別の検知数では、「ワンクリック不正請求」「不正改ざんサイト」において10月の数値を上回った。「不正攻撃サイト」は増加を続けている。Webサイト改ざん被害の内訳では、企業が54.2%、個人が35.9%となった。

また、2010年に被害が拡大した「Adobe Reader」の脆弱性を悪用する「難読化された不正なJavaスクリプト」をPDF内に組み込み攻撃を行う「PDFマルウェア」の脅威についての解説も行っている。この攻撃はセキュリティ対策ソフトでも検知できない場合もあるため、「Acrobat Reader」のセキュリティパッチを最新のものにする、製品のカタログやマニュアル等のPDFファイルは、その企業のWebサイトからダウンロードするなどの注意が必要としている。さらに、2010年5月に発表された「ブラウザのタブ機能を悪用した」フィッシング詐欺の手法「Tabnabbing Attack」についても注意を呼びかけている。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2010/12/gred-report17.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×