クリスマスをテーマにした数千のマルウェア配布活動、Twitterで確認(Panda Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

クリスマスをテーマにした数千のマルウェア配布活動、Twitterで確認(Panda Security)

Panda Securityは12月6日、サイバー犯罪者達がマルウェアを拡散するために、クリスマス関連のお祝いメッセージでTwitterを利用していると発表した。サイバー犯罪者は、Black Hat SEOと同類の手法を使ってマルウェアの配布活動を展開するために流行のトピックを利用してい

脆弱性と脅威 脅威動向
Panda Securityは12月6日、サイバー犯罪者達がマルウェアを拡散するために、クリスマス関連のお祝いメッセージでTwitterを利用していると発表した。サイバー犯罪者は、Black Hat SEOと同類の手法を使ってマルウェアの配布活動を展開するために流行のトピックを利用している。悪意あるWebサイトのURLと合わせて、「Nobody cares about Hanukkah(誰もハヌカーを気にかけない)」「Shocking video of the Grinch(グリンチの衝撃ビデオ)」といった、クリスマスをテーマにしたフレーズを使った数千のTweetが始まっている。

リンクをクリックしたユーザは、PDFファイルのセキュリティホール(CVE-2010-2883)を利用した不正なコーデックでシステムを感染させるページに連れて行かれ、本当はトロイのダウンローダーであるコーデックをダウンロードさせるためにユーザを騙そうとする。このトロイは危険にさらされたコンピュータに、さらに多くのマルウェアを次々にダウンロードしていく。PandaLabsでは、ソーシャルメディアを利用する際のセキュリティにおける実用的な注意点も合わせて公開している。

http://pandajapanblogs.blogspot.com/2010/12/twitter.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×