アドビが「Adobe Acrobat」などの脆弱性に対するアップデートを公開(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

アドビが「Adobe Acrobat」などの脆弱性に対するアップデートを公開(JPCERT/CC)

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月6日、PDFファイル閲覧ソフトウェア「Adobe Reader」およびPDFファイル作成・変換ソフトウェア「Adobe Acrobat」には複数の脆弱性が確認されたとして、注意喚起を発表した。これはAdobe Systems社が同

製品・サービス・業界動向 業界動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月6日、PDFファイル閲覧ソフトウェア「Adobe Reader」およびPDFファイル作成・変換ソフトウェア「Adobe Acrobat」には複数の脆弱性が確認されたとして、注意喚起を発表した。これはAdobe Systems社が同日、セキュリティアップデート「APSB10-21」として発表したもの。

この脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者により細工されたPDFファイル等を開くことで、AdobeReaderやAcrobatが不正終了したり、任意のコードを実行される可能性がある。JPCERT/CCでは、本脆弱性を使用した攻撃を確認しているという。該当するユーザは、Adobe Systems社が提供する対策済みソフトウェアへアップデートするよう勧めている。

http://www.jpcert.or.jp/at/2010/at100026.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×