フェイスおよびツートップの顧客情報が不正アクセスにより流出の可能性(ユニットコム) | ScanNetSecurity
2022.08.17(水)

フェイスおよびツートップの顧客情報が不正アクセスにより流出の可能性(ユニットコム)

株式会社ユニットコムは9月27日、同社が運営する通販サイトのWebサーバに対して海外からの不正アクセスがあり、顧客情報の一部が流出したことが確認されたと発表した。流出が判明したのは「フェイスインターネットショップ」およに「ツートップインターネットショップ」

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ユニットコムは9月27日、同社が運営する通販サイトのWebサーバに対して海外からの不正アクセスがあり、顧客情報の一部が流出したことが確認されたと発表した。流出が判明したのは「フェイスインターネットショップ」およに「ツートップインターネットショップ」を利用した顧客の個人情報の一部。同社では9月初旬より双方の会員情報データベースの統合を進めており、データベースをフェイスインターネットショップのWebサーバに移管していた。

顧客情報の流出は、9月13日にクレジットカード会社からカード情報が漏えいしている可能性があるとして、調査依頼があったことが端緒。9月15日には社内調査の結果、不正アクセスの内容として顧客情報が閲覧された痕跡を確認し、9月16日に第三者機関に調査を依頼した。その結果、海外からフェイスインターネットショップサーバに対するデータベースへの30万回以上の不正アクセス攻撃が確認され、2008年6月26日から2010年8月17日までの期間にフェイスインターネットショップでカード決済を行った顧客最大74,048件のクレジットカード番号・クレジットカード有効期限、および1999年6月29日から2008年9月10日までの期間にツートップインターネットショップで会員登録を行った顧客最大180,074件の会員ユーザIDおよびログインパスワードが流出した可能性があるという。

http://www.unitcom.co.jp/info_0927/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×