Facebookの脆弱性を利用する、自動複製リンクによるスパムワームを確認(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

Facebookの脆弱性を利用する、自動複製リンクによるスパムワームを確認(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

エフセキュア株式会社は9月7日、Facebookを介して感染を拡大する新しいスパムワームを確認したと同社ブログ「エフセキュアブログ」で発表した。これまで典型的なFacebookスパムは、拡散するのに若干のソーシャルエンジニアリングを使用する必要があったが、頭の良いスパマーが自動複製リンクを可能にするFacebookの脆弱性を発見したと思われる。

今回のケースでは、アプリケーションスパムリンクのいずれかをクリックするだけで、ユーザのWallにアプリケーションを「シェア」することを可能にしている。これらは「via Mobile Web(Mobile Webを介して)」投稿されており、一般的なバグが利用されていることを示唆している。あるいは、おそらくスパマーがメインサイトよりも一般的により反応がはやいという理由で、m.facebookを介して投稿していると同社では分析している。ただし、同社がテストを行ったリンクはすべて「not found」となっており、Facebookが同ワームの進行を止めたようだとしている。

http://blog.f-secure.jp/archives/50442715.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×