複数サーバからの不正アクセスで12,191件のクレジットカード情報が流出(NEO BEAT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

複数サーバからの不正アクセスで12,191件のクレジットカード情報が流出(NEO BEAT)

株式会社NEO BEATは8月4日、同社が運営するWebサイトに対して国内、海外を含む複数のサーバからの不正アクセスがあり、調査の結果、同社が運営を委託されている複数のサイトを利用している顧客のクレジットカード情報の一部が流出した可能性が高いことを確認したと発表し

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社NEO BEATは8月4日、同社が運営するWebサイトに対して国内、海外を含む複数のサーバからの不正アクセスがあり、調査の結果、同社が運営を委託されている複数のサイトを利用している顧客のクレジットカード情報の一部が流出した可能性が高いことを確認したと発表した。これは7月24日17時16分から7月26日2時36分にかけて、日本国内および中国のIPアドレス計4アドレスより、Webサイトに対し不正アクセスが行われ、データベース上のクレジットカード情報を窃取したというもの。

流出した可能性のある顧客は、イズミヤ、ユニー、マルエツ、大近、フジ、不二商事、琉球ジャスコといった同社が運営または運営を受託するWebサイトでクレジットカード情報を登録している、あるいはクレジットカードでの購入履歴がある顧客の一部で、流出した情報はクレジットカード情報(カード番号、名義、有効期限)12,191件。現在、同サーバは運用を停止しており、株式会社ラックと共同で流出した情報の詳細を調査しているという。

http://www.neobeat.co.jp/news/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×