PDFエクスプロイトを使用する「JailbreakMe 2.0」の危険性(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

PDFエクスプロイトを使用する「JailbreakMe 2.0」の危険性(エフセキュア)

エフセキュア株式会社は8月3日、iPhone向けの「JailbreakMe 2.0」がPDFエクスプロイトを使用しているとブログで発表した。「JailbreakMe 2.0」は、「iOS 4」に対応した、いわゆる「脱獄ツール」。「jailbreakme.com」から入手できる。しかし、同ツールはPDFエクスプロイ

製品・サービス・業界動向 業界動向
エフセキュア株式会社は8月3日、iPhone向けの「JailbreakMe 2.0」がPDFエクスプロイトを使用しているとブログで発表した。「JailbreakMe 2.0」は、「iOS 4」に対応した、いわゆる「脱獄ツール」。「jailbreakme.com」から入手できる。しかし、同ツールはPDFエクスプロイトを使用しており、同サイトのルートからサブディレクトリにはハードウェア、ファームウェアのさまざまなコンビネーションに対する20種類のPDFファイルが置かれている。

同社がテストしたところ、同PDFファイルはWindowsプラットフォーム上でAdobe ReaderとFoxitの双方をクラッシュさせる。これらは「Exploit:W32/Pidief」の亜種であると検出された。これらのファイルは悪意をもって使用されてはいないが、エクスプロイトはエクスプロイトであり、同社はこれらをマルウェア検出に追加している。iPhoneでは、デフォルトではSafariブラウザによってPDFを閲覧することになる。攻撃はPDFファイル内に置かれた破損したフォントを使用して、Compact Font Format(CFF)ハンドラをクラッシュさせる。同社では、「これがAppleのセキュリティアーキテクチャをいかに無効にするかを考えると恐ろしい」としている。

http://blog.f-secure.jp/archives/50431941.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×