Windowsの未対応の脆弱性を悪用する新たなゼロデイ攻撃に対し注意喚起(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

Windowsの未対応の脆弱性を悪用する新たなゼロデイ攻撃に対し注意喚起(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

エフセキュア株式会社は7月21日、Windowsのショートカットを悪用した新たなゼロデイ攻撃に対して注意喚起を発表した。これは、現在マイクロソフトがサポートしているすべてのOS(Windows 7/Vista/XPおよびWindows Server 2008 R2/2008/2003)に重大な脆弱性があるとして公開した「Security Advisory 2286198」を受けたもの。この新しい脆弱性は主にUSBメモリ、もしくはネットワークでのファイルシェアやWebDAVを通したファイルのシェアを通して悪用される可能性がある。

ショートカットファイル(.lnk)がGUIに読み込まれるだけでコードが実行されてしまうため、USBメモリに保存されたファイルをWindows Explolerで閲覧するだけで、悪意のコードが実行されてしまう。現状ではこの脆弱性を狙った攻撃は限定的だが、数週間の内にこの脆弱性を悪用した攻撃が増加していくと考えられる。この脆弱性は、Stuxnetと呼ばれるルートキットの調査中に発見されたもので、発電所などの産業設備インフラの監視制御に用いられているシーメンスSCADAシステムを狙ったものが確認されている。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100721_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×