JA徳島市関係会社職員の個人用PCから16,000名以上の個人情報が流出(JA徳島市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

JA徳島市関係会社職員の個人用PCから16,000名以上の個人情報が流出(JA徳島市)

製品・サービス・業界動向 業界動向

徳島市農業協同組合(JA徳島市)は7月5日、同組合の顧客および役職員に関する個人情報の一部が同組合システム関係会社から流出したことが判明したと発表した。これは、同職員の自宅にある個人用PCがウイルスに感染し、PC内に記録されていた情報がインターネット上に流出したというもの。

流出した個人情報は、同組合の出資に関する2006年3月31日時点の組合員(脱退者を含む)15,660名の氏名、住所などの情報と、同組合の役職員(退任・退職者を含む)に関する2006年6月1日までの累計849名の報酬給与の情報。なお、現時点では情報の不正使用などの事実や二次的被害は確認されていないとしている。

http://ww2.ja-tcc-info.jp/web/914.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×