Adobe AcrobatおよびAdobe Readerに複数の脆弱性、修正版の適用を(@police) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

Adobe AcrobatおよびAdobe Readerに複数の脆弱性、修正版の適用を(@police)

製品・サービス・業界動向 業界動向

警視庁や独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)、一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月30日、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」の複数の脆弱性について注意喚起を発表している。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者により細工したPDFファイル等をユーザが開くことで、Adobe ReaderやAcrobatを不正終了されたり、任意のコードを実行される可能性がある。また、本脆弱性を用いた標的型攻撃も確認されている。

JPCERT/CCでは、本脆弱性を使用した標的型攻撃のマルウェアを入手、分析し、マルウェアの接続先である海外のシステムを特定した。現在は接続不能になっている。本脆弱性の対象となるバージョンは、「Adobe Reader 9.3.2およびそれ以前」「Adobe Acrobat 9.3.2およびそれ以前」で、この脆弱性に対しアドビは修正プログラムを公開している。

http://www.npa.go.jp/cyberpolice/topics/?seq=3986
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×