メンテナンス情報のメールで送信ミス、1,085件のアドレスが流出(一関ケーブルネットワーク) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

メンテナンス情報のメールで送信ミス、1,085件のアドレスが流出(一関ケーブルネットワーク)

株式会社一関ケーブルネットワークは6月4日、同社の配信メールにミスがあり、登録ユーザのメールアドレス情報が流出したと発表した。これは5月31日、同社が登録ユーザ宛に「ICNサーバメンテナンス情報」をメールで配信する際に、受信者のアドレスを誤って「To」欄に記載

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社一関ケーブルネットワークは6月4日、同社の配信メールにミスがあり、登録ユーザのメールアドレス情報が流出したと発表した。これは5月31日、同社が登録ユーザ宛に「ICNサーバメンテナンス情報」をメールで配信する際に、受信者のアドレスを誤って「To」欄に記載してしまったというもの。これによりメールの受信者1,85件のメールアドレスが閲覧できる状態になった。同社では送信後すぐにミスに気づき、10分後に報告とお詫びのメールを送信し当該メールの削除をお願いしたという。

http://www.icn-net.ne.jp/files/mail-ryuushutsu.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×