改造PSPと海賊版ゲームソフトをセットで販売していた男性を送致(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

改造PSPと海賊版ゲームソフトをセットで販売していた男性を送致(ACCS)

製品・サービス・業界動向 業界動向

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の5月24日の発表によると、兵庫県警生活経済課と尼崎南署は5月24日、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製したゲームソフトを販売していた広島市の無職男性(45歳)を著作権法違反の疑いで逮捕した。男性は、インターネットオークションに海賊版ソフトを稼働できるように改造したPSP本体を出品し、ゲームソフトを無断複製したメモリースティックを「おまけ」としてセットで販売していた。

男性は2009年6月16日頃、東京都の男性に対し株式会社コーエーが著作権を有するPSP用ゲームソフト「真・三國無双 MULTI RAID」、株式会社スクウェア・エニックスが著作権を有する「ディシディア ファイナルファンタジー」など数点を複製したメモリースティック1個とPSP本体1台を、合計20,000円で販売していた。著作権者から相談を受けたACCSが2009年6月頃、兵庫県警に相談したことが端緒だという。

http://www2.accsjp.or.jp/criminal/2010/1004.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×