学歴捏造からセクハラ実名まで、日大から不祥事に関する極秘資料が大量流出(日本大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

学歴捏造からセクハラ実名まで、日大から不祥事に関する極秘資料が大量流出(日本大学)

製品・サービス・業界動向 業界動向

4月27日、日本大学の内部文書がP2Pファイル共有ソフトを介してネット上に流出していると複数のメディアが伝えている。流出したファイルは、同大学内の不祥事に関する極秘資料とされており、教授の学歴捏造や論文盗作、公金横領といった教職員の不祥事に関する文書のほか、同大学の関係者など13,705名分の名簿や組織図、人事情報、給与情報、セクハラ被害にあった女子学生の実名、職員の大麻使用についての書類などが含まれていたという。

同大学の広報課によると、付属病院で庶務を担当している職員の自宅にある個人用PCがファイル共有ソフト経由でウイルスに感染し、PC内のファイルが流出したという。同大学では今後、特別調査委員会を設置し、流出させた職員の処分を含め対応していくとしている。

http://www.nihon-u.ac.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×