マカフィーのウイルス対策製品でWindowsのシステムファイルを誤検知(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

マカフィーのウイルス対策製品でWindowsのシステムファイルを誤検知(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は4月22日、Windows系プラットフォームで動作する同社の「法人向け McAfee VirusScan Enterprise 8.5i、8.7i」「法人向け OEM(HP/Acer)販売の McAfee Total Protection Service 5.0」「個人向け マカフィー・ウイルススキャン製品」において、定義ファイルがWindowsのシステムファイルをマルウェアとして誤検知することが判明したと発表した。同定義ファイルはすでに削除されており、誤検知を含まないファイルが提供している。

これは、4月21日(日本時間4月22日)に同社がリリースしたウイルス定義ファイル「DAT(5958)」において、Windowsシステムのサブセットにあるファイル(svchost.exeの特定バージョン)を「w32/wecorl.a」として誤認するというもの。このDATファイルがシステムに適用されると、マイクロソフト社のシステムファイル「svchost.exe」を削除あるいは隔離してしまう。これまでユーザから、システムが「ブルースクリーン」になる現象からネットワーク接続ができなくなる現象、USBが使用できない、再起動できないなど、さまざまな現象が報告されているという。同社では復旧手順を公開し、対応を呼びかけている。

http://www.mcafee.com/japan/announcement/100422_dat5958.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×