報告件数は減少するも狙われるブランドは多岐に(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

報告件数は減少するも狙われるブランドは多岐に(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は2月1日、2010年1月の「フィッシング情報届出状況」をまとめ、発表した。発表によると、2010年1月度におけるフィッシング対策協議会に寄せられた海外を含むフィッシング届出件数は、前月度より8件減少し30件となった。また、フィッシングサイトの

製品・サービス・業界動向 業界動向
フィッシング対策協議会は2月1日、2010年1月の「フィッシング情報届出状況」をまとめ、発表した。発表によると、2010年1月度におけるフィッシング対策協議会に寄せられた海外を含むフィッシング届出件数は、前月度より8件減少し30件となった。また、フィッシングサイトのユニークなURL数は前月度より17件減少、24件であった。ブランド名を悪用された海外を含む企業の数は前月度より4件増加し、10件となっている。

同協議会では、先月に比べフィッシングサイト報告件数は減少しているが狙われるブランドは多岐に渡っており、特に携帯向けSNSブランドを標的としたサイトが増える傾向にあるとしている。また、ゲームプレーヤーの掲示板(ファンサイト)などに、フィッシングサイトのURLを書き込んで誘導するなどといった手口による、オンラインゲームを標的としたフィッシングサイトも確認されている。プレーヤーは今後も増えると予想されており、ID管理に注意するよう呼びかけている。

http://www.antiphishing.jp/information/information1039.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×