世界の基幹インフラ企業の40%、1年以内の大規模サイバー攻撃を予測(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

世界の基幹インフラ企業の40%、1年以内の大規模サイバー攻撃を予測(マカフィー)

マカフィー株式会社は1月29日、米McAfee社が依頼し戦略国際問題研究所(CSIS)がまとめた調査レポート「無防備な状態:サイバー戦争時代の重要インフラ(In the Crossfire: Critical Infrastructure in the Age of Cyberwar)」を発表した。これは、ライフラインとなる重

製品・サービス・業界動向 業界動向
マカフィー株式会社は1月29日、米McAfee社が依頼し戦略国際問題研究所(CSIS)がまとめた調査レポート「無防備な状態:サイバー戦争時代の重要インフラ(In the Crossfire: Critical Infrastructure in the Age of Cyberwar)」を発表した。これは、ライフラインとなる重要なインフラにサイバー攻撃が与える影響およびその膨大な被害に関する調査結果をまとめたもの。

レポートによると、世界各国の基幹インフラ企業でITセキュリティを担当する経営幹部600人への調査の結果、半数を超える54%はすでに大規模な攻撃に遭ったか、もしくは組織的な犯罪グループやテロリスト、または国家による不正侵入を経験したことがあることが明らかになった。このような大規模な攻撃で生じたダウンタイムによる推定被害額は、1日平均630万ドルにのぼる。さらに約4割は、1年以内に大規模なサイバー攻撃が発生すると予測している。このほか、不景気でセキュリティリソースが縮小しリスクが増大することや、潜在的な攻撃からの防護に対し法規制の効果が薄いことなどが挙げられている。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10a.asp?pr=10/01/29-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×