バグ報奨金プラットフォーム「BugBounty.jp」のトリアージサポートを強化 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

バグ報奨金プラットフォーム「BugBounty.jp」のトリアージサポートを強化

株式会社スプラウトは10月20日、同社が2015年から運営するバグ報奨金プラットフォーム「BugBounty.jp」上で10月から「トリアージサポート」を強化することを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社スプラウトは10月20日、同社が2015年から運営するバグ報奨金プラットフォーム「BugBounty.jp」上で10月から「トリアージサポート」を強化することを発表した。

 同社が提供する「BugBounty.jp」は、企業がバグ報奨金プログラムを簡単に開始でき、国内外合わせて4,000人以上のバグハンターから脆弱性の報告を受け取ることのできるプラットフォーム。企業は「BugBounty.jp」を利用して、知見のあるバグハンターの協力を得ることで、自社サービスや製品のセキュリティ向上を図ることができる。

 同社では今回、バグハンターからの報告に対し企業側で実施する調査・分析対応を全て同社が代行する「トリアージサポート」の提供を強化。報告されたレポートの再現検証や検証結果をまとめた独自評価レポート提供、報告された脆弱性の検証、レポートに関するホワイトハッカーとの質疑対応を同社診断チームがにて実施する。

 トリアージサポート費用は企業様から依頼されたレポートのみを対応する個別トリアージサポート費用が1レポート55,000円(税込)から、契約期間内に報告された全てのレポートを対応するフルトリアージサポートが2週間330,000円(税込)から。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×