シェルコードとカーネルエクスプロイト作成セミナー(サイバーディフェンス研究所) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

シェルコードとカーネルエクスプロイト作成セミナー(サイバーディフェンス研究所)

 株式会社サイバーディフェンス研究所は、米国のセキュリティ企業イミュニティ社と共同で、シェルコードとカーネルエクスプロイトの作成を中心とした専門セミナー「Exploit Writing セミナー 上級編シェルコード」を、3月2日から4日間にわたって開催する。シェルコード

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社サイバーディフェンス研究所は、米国のセキュリティ企業イミュニティ社と共同で、シェルコードとカーネルエクスプロイトの作成を中心とした専門セミナー「Exploit Writing セミナー 上級編シェルコード」を、3月2日から4日間にわたって開催する。シェルコード作成が集中的に日本国内で解説されるのは初めての試みだという。

 シェルコードとは、コンピュータ犯罪者がシステムに侵入する際に、システムを意のままにコントロールするために用いるコード断片のことで、公開された既存のシェルコードが使われることが多い。

 本講義は、進化するコンピュータ犯罪に対応できるセキュリティ技術者養成のために、オリジナルのシェルコード作成方法を実習形式で習得するもので、Windowsカーネルの特性や、Windowsドライバーのバグの検出、カーネルへのシェルコードなど、シェルコードとカーネルエクスプロイトに関する知識と技術が解説される。対象は、セキュリティ監査、セキュリティ検査従事者の他、Windowsのドライバー開発者、アンチウイルス研究者など。

 サイバーディフェンス研究所は、脆弱性を発見するファジングの技術紹介や、ヒープオーバーフローに特化した最新OS攻略などの最先端技術を、国内の官公庁、セキュリティ企業、システム会社向けに過去2年間にわたって提供してきた実績を持つ。

http://www.cyberdefense.jp/service_seminar/seminar08.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×