2009年下半期のマルウェア・スパムの調査結果を発表(BITDEFENDER) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

2009年下半期のマルウェア・スパムの調査結果を発表(BITDEFENDER)

 BITDEFENDERは1月7日、2009年7月から12月の期間で確認されたマルウェアとスパムの調査結果を発表した。これによると、広範囲に脅威が増加しており、世界的なニュースを悪用したり、低迷する経済環境にあってマーケティングコストを抑えるために、ソーシャルネットワー

製品・サービス・業界動向 業界動向
 BITDEFENDERは1月7日、2009年7月から12月の期間で確認されたマルウェアとスパムの調査結果を発表した。これによると、広範囲に脅威が増加しており、世界的なニュースを悪用したり、低迷する経済環境にあってマーケティングコストを抑えるために、ソーシャルネットワーキングプラットフォームを通じてのより高度なスパムの拡散が行われていることが明らかになっている。

 この6ヶ月間、マルウェア作成者はユーザのコンピューターに感染させるためにあらゆる努力をし続けており、その目的は直接的に金銭的利益を得るため、または感染者のコンピュータをコントロールするためだという。2009年後半のスパム動向はあまり変化がなく、カナダのドラッグストアに関するものが世界でトップとなった。Web2.0の脅威では、多くの種類のワームがTwitter、MySpace、Facebook等の主要なソーシャルネットワークを困らせた。

http://www.bitdefender.jp/20091228.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×