企業における情報漏えいリスクの可能性についてレポートを発表(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

企業における情報漏えいリスクの可能性についてレポートを発表(ラック)

 株式会社ラックの研究機関であるコンピュータセキュリティ研究所は、通信トラフィックを調査・解析した結果を「企業のインターネット利用実態調査から考察する、情報漏えいリスクの可能性について」として公開した。同レポートの統計データは、すでに一般的なセキュリ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ラックの研究機関であるコンピュータセキュリティ研究所は、通信トラフィックを調査・解析した結果を「企業のインターネット利用実態調査から考察する、情報漏えいリスクの可能性について」として公開した。同レポートの統計データは、すでに一般的なセキュリティ対策を実施している民間企業10社から、2009年5月から9月にかけて企業内ネットワークのトラフィック調査を行った結果に基づいている。今回の調査では、対象となったすべての企業でウイルスが検出され、見つかったウイルスの種類は総数で70であった。

 改ざんされたWebサイトの他、Webからダウンロードした海賊版の音楽・動画ファイルや偽ソフトウェアからのWeb経由での感染が多く、これまでのアンチウイルスソフトウェアやURLフィルタリングなどによる対策では、ウイルス感染を防げないという現状が浮き彫りになった。さらに調査対象の企業の半数から、従業員によるインターネット・ストレージを利用した情報持ち出し行為が確認された。同レポートから見える傾向として、既存のセキュリティ予防策だけでは防御することが難しくなっており、今後のセキュリティ対策は、被害を最小限にするための組織体制やシステムを整えるなどを考慮する必要があるとみている。

http://www.lac.co.jp/news/press20091221.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×