Fedora 12のパッケージインストールに関して報告(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

Fedora 12のパッケージインストールに関して報告(NRIセキュア)

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は11月27日、NCSIRTアドバイザリを発表した。今回は、SANSインターネットストームセンターのハンドラであるJoel Esler氏が、Fedora 12のパッケージインストールに関して報告したものを翻訳している。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は11月27日、NCSIRTアドバイザリを発表した。今回は、SANSインターネットストームセンターのハンドラであるJoel Esler氏が、Fedora 12のパッケージインストールに関して報告したものを翻訳している。

 これによると、最新版Fedora 12で、11月に報告された「バグ」によると、GUIを使用した場合、Fedoraシステム上のデスクトップユーザが、署名されたパッケージをルート権限/ルート認証なしでインストール可能とのこと。これは仕様で、「バグ」ではない。なお、今回の仕様変更は、コマンドラインのyumに対しては影響しない。この仕様は、GUIを使用したパッケージインストールにのみ影響する。また、この仕様は無効にできる。

http://www.nri-secure.co.jp/ncsirt/2009/1127.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×