教育機関向けアプライアンスサーバにアンチウイルスエンジンを搭載(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

教育機関向けアプライアンスサーバにアンチウイルスエンジンを搭載(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エフセキュア株式会社は11月16日、安川情報システム株式会社のオールインワン・アプライアンスサーバ「NetSHAKER Ver.5.1 for School」に、エフセキュアのアンチウイルスエンジンを搭載した強化バージョンを発売すると発表した。同製品は、アンチウイルスやスパムメール対策などのセキュリティ対策機能を備えた、教育機関向けのオールインワンタイプのサーバ。

 今回、筐体自体の変更に伴い、アンチウイルス機能の強化として「エフセキュア アンチウイルス Linux ゲートウェイ」を搭載した。これにより、SMTP/POP3/HTTP/FTPのウイルス検出に加えて、SMTP/POP3のスパム検出が可能となった。また、標準モデルの他大容量ハードディスクを搭載したファイルサーバモデルをラインナップに追加している。その他コンテンツフィルタリング機能の強化や、メンテナンス性の向上なども行われている。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2009/fs-news_20091116_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×