第3四半期はスパム、マルウェア、Webベースの脅威が史上最高を記録(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

第3四半期はスパム、マルウェア、Webベースの脅威が史上最高を記録(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マカフィー株式会社は11月13日、米McAfee社が11月3日に発表した第3四半期の脅威レポートを発表した。レポートによると、著作権保護されたコンテンツを無許可でホストしている新たなファイル共有サイトの数が過去3か月間で急増した。これらのサイトの作成のピークは映画業界の大々的なイベントと関連している。同社は「オスカー候補」映画がリリースされる今年の秋からホリデーシーズンにかけて、同様のピークが見られると予想している。

 また第3四半期は、スパム、マルウェア、Webベースの脅威が史上最高を記録した。スパムは、2009年第2四半期の記録を10%上回り、史上最高を記録した。スパムは現在、メール全体の92%を占めており、2008年第3四半期と比較すると24%増加している。サイバー犯罪者がDDoS攻撃で脅してサイト所有者をゆすっていることも明らかになっている。オーストラリアのスポーツくじの会社4社のサイトがサッカーやラグビーの決勝戦といった重要なイベント中にダウンし、数百万ドルもの損失を出している。


http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_09b.asp?pr=09/11/12-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×