44名の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(筑波メディカルセンター病院) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

44名の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(筑波メディカルセンター病院)

 財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院は8月21日、同院において患者の個人情報を保存したUSBメモリを紛失するという事故が発生したと発表した。紛失したUSBメモリには、8月4日から8月6日の夜間帯に行われたCTおよびMRI検査の依頼情報44名分が記録

製品・サービス・業界動向 業界動向
 財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院は8月21日、同院において患者の個人情報を保存したUSBメモリを紛失するという事故が発生したと発表した。紛失したUSBメモリには、8月4日から8月6日の夜間帯に行われたCTおよびMRI検査の依頼情報44名分が記録されていた。個人情報の内容は、氏名、患者番号、性別、生年月日、診療科、撮影依頼部位、撮影依頼目的、撮影依頼医師名が含まれていた。

 これは8月7日8:30頃、同院診療放射線技師がX線撮影機器により前日当直時間帯に撮影された患者情報を、同放射線科室内の別のデータベース用PCにUSBメモリを使用し、データ転送する業務を行ったが、8月8日17:00頃に別の診療放射線技師が同じ業務を行おうとした時、決められた場所にUSBメモリがないことを確認したというもの。


http://www.tmch.or.jp/topics/2009/top_027.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×