SCAN DISPATCH :Firefoxのアキレス腱、アドオンの脆弱性が続々と発見される | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

SCAN DISPATCH :Firefoxのアキレス腱、アドオンの脆弱性が続々と発見される

 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

国際 海外情報
 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

──

 今まで安全と考えられいたFirefoxに、続々と脆弱性が発見されている。ニュージーランドのセキュリティ研究者2名が、アドオンのセキュリティについての研究結果を発表し、「アドオンをインストールしないのが一番」と、その脆さを指摘した。両氏へのインタビューがとれたのでそれを交えてレポートする。

 この発表は、ニュージーランドのオークランドに本社があるsecurity-assessment.com の Roberto Suggi Liverani 氏と Nick Freeman 氏が、7月30日から8月2日にラスベガスで行われたハッカーのコンファレンス、DefConで行った。両氏は、現在出回っているアドオンの中から、20ほどのアドオンを調査し、その中からブログ用アドオンの「ScribeFire」、リンクをクリックしなくてもこれをプレビューできる「CoolPreviews」、そして「Wizz RSS」に重大な脆弱性を発見した。このどれもが、Mozillaによって「推薦」されているか、ダウンロード数が多いポピュラーなものだ。

 アドオンとは、Firefoxの機能拡張用の小さなプログラムで誰もが開発できる。ユーザーは好きなものを選んでインストールすることができる。現在、約8,000以上のものが、オフィシャルサイトにアップロードされている。

Add-ons for Firefox
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/

 アドオンのセキュリティに関しては、基本的な問題点が多い。その中でもブラウザのUIエレメントに登録され、一度登録されるとFirefox本体に完全に信頼される危険性を両氏は指摘する。そのため脆弱性のあるアドオンや悪意のあるアドオンでさえFirefoxに信頼されてしまうのが一番の問題点だという。つまり、たとえフィッシングやマルウェア検知ソフトウェアがインストールされていたとしても、検知することができないからだ…

【執筆:米国 笠原利香】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×