SCAN DISPATCH :Firefoxのアキレス腱、アドオンの脆弱性が続々と発見される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

SCAN DISPATCH :Firefoxのアキレス腱、アドオンの脆弱性が続々と発見される

国際 海外情報

 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

──

 今まで安全と考えられいたFirefoxに、続々と脆弱性が発見されている。ニュージーランドのセキュリティ研究者2名が、アドオンのセキュリティについての研究結果を発表し、「アドオンをインストールしないのが一番」と、その脆さを指摘した。両氏へのインタビューがとれたのでそれを交えてレポートする。

 この発表は、ニュージーランドのオークランドに本社があるsecurity-assessment.com の Roberto Suggi Liverani 氏と Nick Freeman 氏が、7月30日から8月2日にラスベガスで行われたハッカーのコンファレンス、DefConで行った。両氏は、現在出回っているアドオンの中から、20ほどのアドオンを調査し、その中からブログ用アドオンの「ScribeFire」、リンクをクリックしなくてもこれをプレビューできる「CoolPreviews」、そして「Wizz RSS」に重大な脆弱性を発見した。このどれもが、Mozillaによって「推薦」されているか、ダウンロード数が多いポピュラーなものだ。

 アドオンとは、Firefoxの機能拡張用の小さなプログラムで誰もが開発できる。ユーザーは好きなものを選んでインストールすることができる。現在、約8,000以上のものが、オフィシャルサイトにアップロードされている。

Add-ons for Firefox
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/

 アドオンのセキュリティに関しては、基本的な問題点が多い。その中でもブラウザのUIエレメントに登録され、一度登録されるとFirefox本体に完全に信頼される危険性を両氏は指摘する。そのため脆弱性のあるアドオンや悪意のあるアドオンでさえFirefoxに信頼されてしまうのが一番の問題点だという。つまり、たとえフィッシングやマルウェア検知ソフトウェアがインストールされていたとしても、検知することができないからだ…

【執筆:米国 笠原利香】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×