患者6名分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(富山大学附属病院) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

患者6名分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(富山大学附属病院)

 富山大学附属病院は6月24日、同院の患者6名分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。これは、同院に勤務する医師から6月5日の午後から6月8日の間に、患者6名分の退院要約の電子デ−タが入ったUSBメモリを紛失していることに気づいたと報告

製品・サービス・業界動向 業界動向
 富山大学附属病院は6月24日、同院の患者6名分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。これは、同院に勤務する医師から6月5日の午後から6月8日の間に、患者6名分の退院要約の電子デ−タが入ったUSBメモリを紛失していることに気づいたと報告があったというもの。紛失したUSBメモリには、患者の氏名、年齢、性別、ID番号、病名、病歴、入院日、退院日、診療科名、主治医名が含まれていた。同院では捜索を含めた調査を行っているが、現在のところ発見には至っておらず、また同個人情報の不正使用なども確認されていないとしている。


http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/guide/pdf/usblost.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×