2009年4月のスパム配信国、トルコとポーランドが急浮上(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

2009年4月のスパム配信国、トルコとポーランドが急浮上(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は5月17日、2009年4月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位がブラジル、3位がトルコ、4位がロシア、5位がポーランドと、トルコ、ポーランドが急浮上した。「Spam & Botnet Watch」では、ス

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は5月17日、2009年4月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位がブラジル、3位がトルコ、4位がロシア、5位がポーランドと、トルコ、ポーランドが急浮上した。「Spam & Botnet Watch」では、スパムを配信するISPの上位10社中2社がアメリカのISP、4社がブラジルのISPが占め、1月からこの傾向が続いている。なお、今回急浮上の見られたトルコのISPはトップ10圏外。ポーランドのISPは5位に1社ランクインしている。

 スパムメールを介した攻撃手法としては、引き続き社会学的に効果の高い手法が採られている。例年この時期に見られるのが、米国の確定申告シーズン(米国は4月15日)にあわせたスパムメール。今回確認された事例は、米国非居住者(日本人/日本法人を含む)を狙ったもの。米国非居住者用の免税書類、W-8BENフォームに個人情報を記載させる手口が報告された。国内においても、定額給付金の給付手続を装った詐欺事件が報告されている。国内の事例では、大手クレジットカード会社を装った詐欺行為が報告されている。


http://blog.trendmicro.co.jp/archives/2839
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×