スパムにかかわる年間エネルギー消費量は330億キロワット時(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

スパムにかかわる年間エネルギー消費量は330億キロワット時(マカフィー)

 マカフィー株式会社は4月20日、McAfee社によるスパムメールについての新たな調査結果「スパムメールと二酸化炭素排出量」を発表した。同研究レポートによると、気候変動を研究しているICFとスパム専門家が、スパムの送信、処理、フィルタリングに使われる世界の年間エ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マカフィー株式会社は4月20日、McAfee社によるスパムメールについての新たな調査結果「スパムメールと二酸化炭素排出量」を発表した。同研究レポートによると、気候変動を研究しているICFとスパム専門家が、スパムの送信、処理、フィルタリングに使われる世界の年間エネルギー消費量は、330億キロワット時(kWh)だと算出している。

 これは240万世帯が使用する電力に相当し、310万台の乗用車が75億リットルのガソリンを使用したときの温室効果ガス排出量と同じだという。製品開発およびMcAfee Avert Labs担当シニアバイスプレジデントは、「今回の研究により、スパムが企業と個人に対して経済的、個別的、環境的に多大な影響を及ぼしていることが浮き彫りになった。スパムを元から絶ち、最新のスパムフィルタリングテクノロジを導入することで、二酸化炭素排出量を減らすことで、地球環境にも貢献できる」と述べている。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_09a.asp?pr=09/04/20-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×