入院患者の個人情報が事務職員の個人用PCから流出(都立墨東病院) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

入院患者の個人情報が事務職員の個人用PCから流出(都立墨東病院)

 東京都は1月29日、都立墨東病院の入院患者の個人情報がインターネット上に流出したことが判明したと発表した。流出が判明したのは2005年から2006年に入院していた入院患者271名分の氏名や症状などの情報、および職員369名分の個人情報。東京?では、同病院の男性事務職

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東京都は1月29日、都立墨東病院の入院患者の個人情報がインターネット上に流出したことが判明したと発表した。流出が判明したのは2005年から2006年に入院していた入院患者271名分の氏名や症状などの情報、および職員369名分の個人情報。東京?では、同病院の男性事務職員が2008年夏に女性看護師から私物のUSBメモリ内のデータ復元を依頼され、自宅PCにデータを移し復元を行った。このデータを消去しないままPCがWinnyウイルスに感染したことが原因で、同データおよびPCに以前から保存されていた個人情報が流出したとしている。


http://bokutoh-hp.metro.tokyo.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×