2008年はUSBメモリなどで感染を広げるワームとSQLインジェクションが顕著(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

2008年はUSBメモリなどで感染を広げるワームとSQLインジェクションが顕著(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マカフィー株式会社は1月16日、2008年度におけるコンピュータウイルス、不審なプログラムの検知データの集計を発表した。発表によると、ウイルスでは2008年、外部メディアにより感染を拡げる「Autorun ワーム」が多く見られた。これは現在も拡大傾向にある。また、SQLインジェクションによる攻撃が顕著に観測されたほか、ランクには入っていないもののMS08-067の脆弱点を悪用して感染する「W32/Conficker.worm」の活動が年末に活発になり、さまざまな亜種も多く観測されている。

 PUPでは、「WinFixer」といった偽のセキュリティソフトが多く発見された。これらの多くは悪質な動作が確認されたため、PUPではなくFakeAlertといったマルウェアに分類されるようになった。また、大半を占めているアドウェアの中にはフリーソフトにバンドルされているものもある。リモート管理ツールであるVNCの検知の検知数がランクインされているが、意図して利用されている場合は問題ないとしている。


http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_09a.asp?pr=09/01/15-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×