ファイル交換ソフトによる「情報漏えい初期対応ガイド」を公開(ネットエージェント) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

ファイル交換ソフトによる「情報漏えい初期対応ガイド」を公開(ネットエージェント)

 ネットエージェント株式会社は1月5日、ファイル交換ソフトによる情報漏えい初期対応ガイド「情報漏えい対応ガイド【Winny・share編】」をPDFファイルにて公開したと発表した。同ガイドでは、Winnyやshareによる情報漏えいが発生した際の初期対応、情報収集、調査・分析

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ネットエージェント株式会社は1月5日、ファイル交換ソフトによる情報漏えい初期対応ガイド「情報漏えい対応ガイド【Winny・share編】」をPDFファイルにて公開したと発表した。同ガイドでは、Winnyやshareによる情報漏えいが発生した際の初期対応、情報収集、調査・分析、対応実施、事後対応といったフローチャートを「はじめに」として掲載している。

 また、「情報漏えい事故が発生する仕組み」として、ファイル共有ソフトとはどういうものか、事故はどうして起こるのかといった基本を説明。さらに、万一情報が流出してしまった際にすべき対応とその順序などについても同時に解説している。そのほか参考資料として、情報漏えい対策関連製品の紹介も行っている。

http://www.netagent.co.jp/sec_guide.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×