ホスティング事業者向けに月額課金方式で「SiteGuard」を提供(JP-Secure) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

ホスティング事業者向けに月額課金方式で「SiteGuard」を提供(JP-Secure)

 株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は12月15日、ホスティングサービス事業者が運営するレンタルサーバ向けに、同社のシグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)製品である「SiteGuard(サイトガード)」を提供することを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は12月15日、ホスティングサービス事業者が運営するレンタルサーバ向けに、同社のシグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)製品である「SiteGuard(サイトガード)」を提供することを発表した。

 「SiteGuard」は、ネットワーク・セキュリティの専門家によってチューニングされた高速で高品質のトラステッド・シグネチャ(定義ファイル)を標準搭載した、Linux上で動作するソフトウェアWAF。自己学習する「パラメータ検査機能」により、自社アプリケーションに対応したホワイトリストの作成が可能。また、ポリシー策定をすることなく導入でき、トラステッド・シグネチャの自動更新により導入・運用負荷を大幅削減できるのが特長。これにより、アンチウイルスゲートウェイ並みの手軽さで、ホスティングサービスにおける複数のWebサーバ(ドメイン)へのWAF機能の提供を実現できる。料金は、Webサーバ(ドメイン)の月々の利用数による従量制、月額課金方式。詳細な価格は未発表。

http://www.jp-secure.com/cont/news/2008/081215.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×